花屋を始めて約2ヵ月経過しました。

ブログ内容

こんにちは。東京の複雑な電車路線図にようやく慣れてきたタカヒロです。

さて、福岡から上京してきて約2ヵ月が経ちました。

オンラインストアを開設して約1ヵ月半。

インスタグラムやYouTubeのフォロワーさんのお陰様でスタートとしてはこの上ない結果を残せたと思っています。

お花を欲していらっしゃるのはもちろん、応援という意味も込めてご注文くださる方もいらっしゃいます。

贅沢な花束

本当に本当に感謝しています。

ここで、感謝と同時に、自分で思うことがありました。無店舗という形。

お客様のお顔が見えないということに、少しだけ「ある欲」が生まれてきました。

お花が届いて喜んでくださったお客様が、「素敵です!ありがとうございます!」とメッセージをくれます。

その時の喜びというか、安心感というか…。

この時の感情のために花屋をしているんだなと感じる瞬間です。

僕としてはこちらこそ感謝の気持ちを伝えたいので、「ありがとうございます!」とメッセージを返します。

でも、足りない。

熱量というか、感情の大きさというか。

泣きたくなるほど嬉しい表情でメッセージを送っているわけですが、文章だけではそこまでの気持ちは込められません。

アレンジメント

もどかしい…。

でもこんな無店舗で始めたばかりの花屋にご注文をくださるお客様は本当にありがたいし大切にしたいと思います!

コロナの中、対面することが少なくなったこの時代。オンライン化が進んだ今、巡り巡って「人に会いたい」「人に会ってコミュニケーションをとりたい」そんな欲がふつふつと湧いてきました。

ただ、オンラインの発展は良いことがたくさんあります!会えない人に画面越しで話せたり、医療では遠隔操作で人が救えたり。とても素晴らしいことです。大賛成です。

オンラインでレッスン。ハロウィンボックスフラワー

オンラインでできることはオンラインで。人として、対面でしか伝わりきれないコミュニケーションはオフラインで。

普通のことを遠回しに言っただけですが、そんなことをふと感じた今日この頃です。

つまり何が言いたいかと言うと、

「店舗を持つぞ!!」

ということでこれからも見守っていただけると幸いです。

YASA ci HANA 濱口貴弘

贅沢なアレンジメント